ポイントサイトでマイルをためるとは?

ポイントサイトのポイントは現金のほか、電子マネーなどに交換することができます。

交換先はポイントサイトにより異なりますが、それを利用してポイントをマイルに交換することが可能です。

たまったポイントをマイルに交換することを日々繰り返すと、ある日、家族で海外旅行なんてこともできてしまいます。

しかも、それほどハードルが高くないのでぜひお試しください。

どうやってそんなにポイントをためるのか

これは、マイルのため、に限ったわけではありません。

ポイントをためるには、とにかくいかに効率よくたくさんためるか、が大事です。

月3万円程度を目標にすることで、無理なく広告利用もできます。

それ以上を一気にためようとすると、息切れしてしまうかもしれません。

友達紹介制度を利用する

1人だけでポイントをためるのもいいですが、効率が悪いので手伝ってもらいます。

手伝うというのは、奥さんや、兄弟と一緒にポイントをためるのです。

ハピタスやモッピーなど多くのポイントサイトでは、友達紹介制度によってポイントが紹介した人にもたまります。

ですので、夫婦でためるのであれば、旦那さんが奥さんを紹介し、2人でポイントをためます。

こうすることにより、奥さんの獲得したポイントの一部が旦那さんに加算されます。

つまり、1人で獲得するより数%ポイントが上乗せされていきます。

また、旦那さんが申し込みした広告に、奥さんも必要であれば申し込むことができます。(広告の条件はご確認ください)

ポイントの高い広告から順番に申込みする

ポイントが高い広告から申込みして効率よくためていきます。

こうすることにより、月に申込みする広告を少なくできます。

主なポイントの高い広告は

  • クレジットカード
  • 証券会社(FXなどの口座開設)
  • 不動産面談
  • 通信サービス

などが該当します。

クレジットカードでためる

ポイントサイト利用では、鉄板のポイント獲得手段です。

現在はカード発行だけでなく、カード発行の翌月末までに1回利用など、カードにより条件がありますが、それほど高い条件ではありません。

ライフカード、JCB系、クレディセゾン系のカードがポイントサイトにあります。

例えば、
カード1枚作ると5000円とすると、2枚で10000円分のポイントがたまります。
2人でためると、この時点で20000円分たまったことになります。
実際には友達紹介分も獲得できるため、それ以上になります。

また、クレジットカードでよく話題になるのが、同じ系列のカードを複数申込するとどうなるのか?
ということです。答えは、同じ系列でも申込可です。

例えば
クレディセゾンのMUJIカード、LOFTカードを申込すると2つともポイントがもらえます。

このように、同じ系列のカードでも条件に申込不可とかかれていない限りはポイントがもらえると思っていいと思います。

ただし、ここで注意です。
カードは発行しすぎると審査にとおりにくくなります。

つまり、カード会社から見ると、カードをたくさん持っている人と判断されてしまうからです。

そのため、カードは月1枚か2枚にしておき、他の広告を利用しましょう。

証券会社(FXなど)口座開設でためる

ポイントサイトで一番ポイントが高いというと、FXなどの口座を開設する広告です。

ただ、一時は口座開設するだけで1万円、2万円ともらえる時期がありましたが、今は、口座開設してから実際に利用することが条件になっているものが多いです。

ただ、FXと聞くとすごく難しく思う方、抵抗のある方が多いかと思いますが、実際はそれほど難しくありません。

口座開設したことがないものがあれば、ぜひ申込してみてください。

次のようなものがおすすめです。

  • SBI FX
  • みんなのFX
  • DMM FX

また、銀行などに口座を開設するだけでも数千円もらえる広告もたまにあります。

  • じぶん銀行
  • ジャパンネット銀行

などは、口座開設でも多いポイントが獲得できます。さらにこれらは、ポイント目的以外にも十分日常利用できますのでおすすめです。

不動産面談でためる

最近よく見かけるようになった広告です。

どういったものかといいますと、

  • マンション投資の面談
  • 不動産投資セミナー参加
  • 資産運用セミナー参加、面談

といったものになります。

これらは、2万円から3万円のポイントがもらえるものも多くあります。

私は不動産投資がブームとなってましたので、一度セミナーに参加しましたが、セミナー終了後、数日メールでやり取りしていたらポイントが獲得できました。ただ、興味はありましたが投資までは至りませんでした。

もちろん、まったく興味がない、やる気がないといった方は控えたほうがいいかと思います。ポイントだけのために申込みしていると判断された場合はポイントがもらえない場合があります。

通信サービスでためる

ドコモやau、ソフトバンクなどのショップに行くと、必ずといっていいほど、ドコモ光などへの切り替えをすすめられます。

でも、これらの申込をショップでしてしまうと損してるかも!?

ポイントサイトにもドコモ光などの通信系の広告が多数あります。

これらは、1万円から2万円を超えるものもあるので、まだおうちのネットがフレッツ光といった方は、この機会にポイントサイト経由で切り替えると、ポイントももらえるし、毎月の通信費も割引になる可能性が高いです。

それ以外に、WiMaxはNuro光、今利用者急増中の格安SIMなども同様にポイントサイトに多数広告があります。

また、ご利用のプロバイダを変更するだけでポイントがたくさんもらえる広告もあります。

例えば、OCNなどは他社からの乗り換えでも数千円もらえる広告があります。

おうちの通信回線と、プロバイダ、SIMなどを見直す場合は、ポイントサイトを必ず利用しましょう。

ネットで買い物はポイントサイト経由でないと損

ネットで買い物する場合、どこのショップでしてますか?

  • Yahoo!ショッピング
  • 楽天市場
  • Amazon
  • Qoo10
  • セブンネットショッピング

などなどいろいろありますが、これらはポイントサイトにも存在しています。

Yahoo!ショッピングを例にあげると、購入額の1%をもらえるポイントサイトが多いです。

さらに、キャンペーンなどで2%もらえる場合もあります。

つまり、Yahoo!ショッピングでクレジットカードで買い物すると、Tポイント、クレジットカード、ポイントサイト2%がたまるのです。さらに5のつく日にYahoo!ショッピングを利用すると、数%還元されたことになります。

さらに、買い物って以外とネットでたくさんしてますよね。

私の場合は、食料品以外はネットでほとんど買っているのかもしれません。

毎月数万円使ってるとしたら、かなり損してるかもです。

ポイントサイト経由するとポイントがたまるのでぜひご利用ください。

モニターサイトの活用

買い物したレシートを送るだけでポイントがもらえるなど、いろんなサービスがありますが、ファンくるというサイトをここではご紹介します。

ファンくるは、レストランなどで食事してアンケートに回答するだけで、最大食事代100%がポイントとしてもらえるサービスです。日ごろの外食時に、ファンくるを利用するとポイントがたまります。

地道ですが、結構たまります。

▼ファンくるの登録はこちらからどうぞ▼

ポイント交換の手順

ポイントをマイルに交換する場合、下記の手順となります。

Gポイントに直接交換できないポイントサイトの場合

ハピタス、ECナビ、ライフメディアなどの場合、2つのパターンがあります。

ワールドプレゼントを経由するかどうかで交換手数料が若干異なります。

ワールドプレゼント経由のほうが少し手数料が安いようです。

ポイント交換方法1

ワールドプレゼント経由

  1. PeX
  2. ワールドプレゼントに交換
  3. Gポイントに交換
  4. LINEポイントに交換
  5. To Me CARDポイントに交換
  6. ANAマイルに交換
ポイント交換方法2

ワールドポイント経由なし

  1. PeX
  2. LINEポイントに交換
  3. To Me CARDポイントに交換
  4. ANAマイルに交換

ポイントタウン、モッピーの場合

ポイント交換方法
  1. Gポイントに交換
  2. LINEポイントに交換
  3. To Me CARDポイントに交換
  4. ANAマイルに交換

結局どのポイントサイトを利用するのか

基本的に申込した広告のポイントが高いサイトを利用することをおすすめします。

ただ、どうしてもポイントの比較が面倒という場合は、下記サイトの利用がいいかもしれません。

  • モッピー
  • ハピタス
  • ECナビ

 

おすすめの記事